「和み農」研修会

 

「和み農」

 神に祈り、土と和み、作物と和み、自然と和み、人と和み、機械とも和んで、技能を磨き、豊かな自然の恵みをいただく。 それが「和み農」である。

P1040351

昨年まで7回にわたり「いのちいきいき研修会」を開催してきました。その経験に基づいて、来年からは質・内容ともに充実させ、「母なる地球」に向き合う意識レベルを高めて、「循環と共生の21世紀」に相応しい「農」の在り方と生き方を追究する研修会へとレベルアップします。

 

最初に「農」と「農業」の違いはなんでしょうか。それは、「農業」が農作物の生産や販売を通して生計を得る産業の一分野であるのに対して、「農」は、ある宇宙観や自然観、あるいは思想や哲学などに基づいて行う作物の栽培の仕方と、その栽培行為を通して人間形成を図る“生き方”、ないし”生きる道“を示すものと定義したいと思います。

 

「和み農」は、「循環と共生の21世紀」に相応しい「農」の基本指針の提案であると同時に、その実践を通して21世紀に相応しい人間形成や生き方の指針の提案でもあります。

150426_1204~01

 

「和み農」の八つの主要な実践項目

「和み農」は、以下の八つの主要な実践項目からなります。

  1. 全ての生き物と共生し、
  2. 環境と調和して、
  3. 排出ガスを最小限に抑え、
  4. 作物と心を通わせ、
  5. 資材を循環させて、
  6. 技能を磨き、
  7. “本当に安全な作物”を作る

そして、

8.神への祈りから始めて、神への感謝で終わる

Jean-François_Millet_(II)_001[1]

以上を実践することにより、「農」のある生活を取り戻し、 「和み農」の考え方を取り入れた生活をすることで、自然と調和して、心豊かに日々を過ごし、円滑な人間関係を作る生活を確立することを目的とします。

★★2018年度は都合により休校させていただきます。★★

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Have a query?