多年草化稲を作る研修会を開催します

 

多年草化した稲の発芽

(今年多年草化した稲の発芽。非常に希で、貴重な映像です。)

4年前から始まった,不耕起・冬期湛水の田んぼにおける稲の多年草化。昨年は初めて収穫まで漕ぎつけました。今年もまだ冬も明けない2月中から新たに多年草化現象が起こっていて、今までの稲の常識を覆しています。

また、今年は去年多年草化した稲がもう一度再生して、“2歳の稲”になる可能性も高まっています。多年草化稲ができると、1回田植えをしたら、2年目からは田植えも苗作りも不要になります。夢のような話ですが、それは自給自足生活の福音となることでしょう。

P1070545

(二年前に多年草化した田んぼ)

 

どうやったら、稲は多年草化するのか?だんだんそのメカニズムがわかってきました。

IMG_2421

(去年多年草化した田んぼのたわわな稔り)

そこで、今年から「多年草化稲」(「たねん」と命名)を作るための研修会を開催します。

稲の多年草化と言う前代未聞の現象を技術化するという、前代未聞のテーマに挑戦します。

毎回、講義が1時間、実習2時間程度となります。

わくわくどきどきする、とても面白い研修会になると思います。

興味関心がおありの方は、ぜひ奮ってご参加ください。

 

第1回目 種まき  4月16日(日) 午前10時~午後2時

第2回目 田植え  6月11日(日)  “

第3回  穂刈り  8月6日(日)   “

第4回  穂刈り2回目 9月17日(日) “

第5回  最後の稲刈り 11月5日(日)  “

参加費:1回 4000円 (当日徴収)

会場:相模原市田名塩田の田んぼ

申し込み: 1週間前までに以下のメールアドレスにお申し込みください。

詳しいご案内をさせていただきます。

nagomi@dai-kazoku.jp

daichinouta4@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です